▼ このページの情報をシェア&ブックマーク

COEDO 伽羅-Kyara-

Email
埼玉県入間郡
Description

COEDO 伽羅-Kyara-
COEDO Kyara

赤みがかった深い黄褐色、伽羅(きゃら)色のビール。白葡萄やスパイシーな柑橘を感じさせるアロマホップが香り、鮮やかで綺麗な苦味とともに口の中に広がります。6種の麦芽の配合とやや高めのアルコール分が、味の膨らみと丸みあるミディアムボディを織り成しています。低温発酵ラガー酵母による、飲み応えがありながらもきれていく心地よい後味です。 - 「COEDO」公式情報より

主としてホップに由来する白葡萄やスパイシーな柑橘の香りをトップノートに、モルトの甘味と苦味のバランスを中間で感じながら、スッキリと最後は口中できれていく褐色、伽羅色のビールです。その色合いと薫りから香木の伽羅になぞらえて名づけられています。

スペシャリティ > India Style Lager、インディアペールラガー(IPL)
※公的な確固たるスタイルではないオリジナル。アメリカンスタイルアンバーラガーに近似。

2012年にレシピをリニューアルし、スタイルや味わいを一新。ニュージーランド産のホップを贅沢に使用した、かなりホッピーなラガービール。リニューアル前の伽羅のスタイルは、メルツェン。

★COEDO 伽羅-Kyara- リニューアル秘話★
誕生時の伽羅は、黄金色のトラディショナルなピルスナースタイルから、個性豊かなビール達へと自然に繋ぐ橋渡し役がその役割でした。黄金色でシンプルなピルスナースタイルの瑠璃とくらべて、色は茶褐色でホップと酵母が造る穏やかな果実味とミディアムボディの麦の旨味が心地よいナチュラルで柔らかな差違が特徴でした。その後、日本のお客様の間で自然に醸成されていった「もっとビールの個性を楽しみたい」という雰囲気にお応えすべく、橋渡し役から一つの個性へと、約二年の歳月を費やし、酵母を選び、レシピを考え、醸造の試行錯誤を繰り返し、2012年にリニューアルしたのが現在の伽羅です。新製品とせずリニューアルとしたのは、ビールの定性的な表現としては、橙がかった茶褐色で香りあるライト~ミディアムボディのビールとして、変わっていなかったからでした。

[原材料] 麦芽、ホップ

[製法]
下面発酵
[アルコール度数/ABV]
5.5
%
[苦味指数/IBU]
37

レビュー

There are yet no reviews for this product.

びあなび通信 通知希望 (複数選択可)

※メールアドレスの入力間違いにご注意ください
各通知の内容詳細はコチラ »»»

▼ このページの情報をシェア&ブックマーク